二次会

二次会のお金はどのくらい必要ですか?二次会に必要なお金について

結婚式の二次会に呼ばれると、お金はどうしたら良いのか迷いますよね。

 

答えは、だいたいが会費制になりますので、結婚式から出席していても、二次会からの出席だとしても、別にご祝儀というあらたまった形ではあげる必要はありません。

 

しかし、昔からの親友で仲が良いからあげたいなどという場合は、もちろん気持ちですから、あげてもかまいません。

 

でも、その場で自分だけまたご祝儀を渡していたらなんだか気が引けます。

 

そのような場合は、事前に、プレゼントという形で、新郎新婦に直接渡しに行くのがスマートです。

 

だいたい結婚式の1週間から2週間前に渡すのが礼儀と言われています。

 

しかし、都合がつかず、忙しい場合は結婚式の後、落ち着いてからでもかまいません。

 

その場合のプレゼントとしては、ブランドの食器や、高級なタオルセット、コーヒーメーカー、オシャレな加湿器など、これからの新生活でつかえるようなものをチョイスすると喜ばれます。

 

あまり、趣味が分からない場合は、商品券でわたすと良いです。

 

二次会の会費ですが、ほとんどの場合二次会の受け付けで幹事さんに渡すのが一般的なので、ご祝儀袋に入れて行く必要はありません。

 

もちろん、新札でなくてもかまいません。

 

あくまでも会費は二次会で使う景品や食事などにあてがわれます。

 

結婚式のご祝儀は袋新郎新婦に幸せな結婚のお祝いの気持ちとして渡すものですから、祝儀袋と新札が礼儀になります。

 

二次会の会費の金額ですが、幹事さんの方から提示された金額を払います。

 

二次会をやる場所により金額は違ってきますが、5000円から10000円くらいが相場となっています。

 

余裕を持ってお金は持参しておきましょう。

 

参加する人数や男女比により、男性より女性の方が会費が安い場合もありますが、最近では一律同じ金額でやる場所が多いです。

 

あと、新郎新婦側から二次会の会費はいりませんよ。

 

と言われる場合があります。

 

そのような時はありがたく気持ちを頂戴して、後日落ち着いてから気持ちとしてお祝いのプレゼントを渡しに行くと良いです。